AND OR

CENTER:FreeBSD



インストール

インストールCDの準備

インストールCDイメージ

ftp3.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ISO-IMAGES-i386/5.2.1/5.2.1-RELEASE-i386-miniinst.iso

をダウンロード。新潟大学からだとこのサイトが早いです。

isoイメージをCD writerで焼きます。

焼きあがったCDから起動します。

スライス・パーティションの切り方

FreeBSDの場合物理的なHDDを,まずスライスという単位にきります。 すべてのディスクを1つのスライスにしてしまってよいでしょう。

次にスライスの中にパーティションを切ります。 いろいろ流儀があるでしょうが

 / swap容量を差し引いた残り全部
 swap 256MB~1G

が簡単です。

残りのインストール過程

  • 配布モデルはX-Developper
  • Portsは入れる
  • Gatewayにはならない
  • NFS clientになる
  • NFS serverにならない
  • Anonymous FTPを提供しない
  • Linux Emulationをとりあえず無効化 この辺は適当に選択しても後から修正できますので。

5.2.1Releaseから5.3Stableへ

/etc/stable-supfileの変更

*default release=cvs tag=RELENG_5_2を
*default release=cvs tag=RELENG_5に変更.

ソースの更新

#cvsup -L2 /etc/stable-supfile

コンパイルとインストール(いつもとはちょっと違うよ)

#cd /usr/src
#make -j4 buildworld 
#make -j4 buildkernel KERNCONF=REDMAGIC
#make installkernel KERNCONF=REDMAGIC 
#mergemaster -p 
#make installworld 
#mergemaster 
#cp /usr/src/sys/boot/i386/loader/loader.rc /boot/loader.rc
#chown root:wheel /boot/loader.rc
#chmod 444 /boot/loader.rc
#shutdown -r now 

カーネルコンフィグレーションは作り直さないとダメダメ

パッケージ管理

最初の一回だけ

# pkg_add -r cvsup-without-gui
# cp /usr/share/example/cvsup/ports-supfile /etc
# chmod 644 /etc/ports-supfile

/etc/ports-supfileの

*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org

と書かれた行を

*default host=cvsup.jp.FreeBSD.org

と編集して、cvsup.jp.freebsd.orgからとってくるように設定。

# cvsup -L 2 /etc/ports-supfile
# cd /usr/ports/sysutil/portupgrade
# make install clean

パーッケージを最新に保つ

# cvsup -L 2 /etc/ports-supfile
# portsdb -uU
# portupgrade -ark

新規パッケージの導入

# cd /usr/ports
# portinstall japanese/kterm

たまにやって欲しいこと

お掃除

# portsclean -LCD

Perl5.6からPerl5.8へのupdate

# pkg_delete -f /var/db/pkg/perl5.6-xxx
# portinstall lang/perl5.8
# use.perl port

xorgの導入

# echo X_WINDOW_SYSTEM=xorg >> /etc/make.conf
# cd /usr/ports/x11/xorg
# make install

Samba

# cd /usr/ports/converters/libiconv/
# make WITH_EXTRA_PATCHES=yes install clean

smb.conf

display charset = EUC-JP-MS
unix charset = EUC-JP-MS
dos charset = CP932

xfsの起動スクリプト発見

# cp /usr/src/etc/rc.d/xfs /usr/local/etc/rc.d/xfs.sh
# echo 'xfs="YES"' >> /etc/rc.conf

その他のports(MATLABへの道)

# portinstall net/tightvnc
# portinstall emulator/linux_base-8
# portinstall net/rsync

Matlabインストール

  1. xorgが入っているのを前提として,必要なLinuxバイナリをインストール
    # portinstall emulators/linux_base-8/
    # portinstall x11/linux-XFree86-libs
    # portinstall x11-fonts/linux-fontconfig
    # portinstall textproc/linux-expat
  2. /etc/rc.confに以下を追加
    linux_enable="YES"
  3. /etc/fstabに以下を追加
    linprocfs     /compat/linux/proc     linprocfs     rw     0     0
  4. /compat/linux/etc/fstabを作成
    proc          /proc                  proc          rw     0     0
  5. 再起動もしくは,自分でmountとか/etc/netstart
  6. CD-ROMからインストール
    # mount /cdrom
    # /compat/linux/bin/sh /cdrom/install -t
    • GUIインストールしたければ,あらかじめ一般ユーザで
      % setenv XAUTHORITY $HOME/.Xauthority
      としておくこと
  7. matlabの起動
    % ./matlab -glnx86
  8. licenseサーバも同じく起動できる
    % ./lmstart -glnx86
  • これでとりあえず,R13, R13sp1, R14は起動確認.R14は終了時にエラーが...R14sp1はまだうまくいかない.

システムの再構築

最初の一回だけ

# pkg_add -r cvsup-without-gui
# cp /usr/share/example/cvsup/stable-supfile /etc
# chmod 644 /etc/stable-supfile

/etc/stable-supfileの

*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org

と書かれた行を

*default host=cvsup.jp.FreeBSD.org

のように、また

*default release=cvs tag=RELENG_4

と書かれた行を

*default release=cvs tag=RELENG_5_2

と編集する。

# cvsup -L 2 /etc/stable-supfile
  1. ユーザーランドの再構築
    # cd /usr/src
    # make buildworld
  2. カーネルの再構築
    # cd /usr/src
    # make buildkernel
  3. カーネルのインストール
    # cd /usr/src
    # make installkernel
  4. ユーザーランドのインストール
    # cd /usr/src
    # make installworld
  5. 設定ファイルの更新
    # mergemaster

インテル製コンパイラ

ライセンス取得

Japanese TeX

  • japanese/teTeX
    • tex-texmflocal-1.4
    • teTeX-texmf-2.0.2
    • teTeX-base-2.0.2_2
    • ja-kochi-ttfonts-20030809
    • ja-ptex-tetex-3.1.3_1
    • ja-texfamily-tetex-1.2
    • ja-texfamily-vfn2a-1.3
    • ja-xdvik-tetex-22.40y1.1.21_3
    • ja-dvipsk-tetex-5.94a

/usr/X11R6/lib/X11/fs/config

clone-self = on
use-syslog = off
catalogue = /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF/ 
error-file = /var/log/xfs.log
default-point-size = 120
default-resolutions = 75,75,100,100

PukiWiki運営のために必要なパッケージ

  • php4-4.3.8_2 PHP Scripting Language (Apache Module and CLI)
    • perl-5.8.5
    • libiconv-1.9.2_1
    • expat-1.95.8
    • apache-2.0.50_2
  • php4-mbstring-4.3.8_2 The mbstring shared extension for php
  • php4-pcre-4.3.8_2 The pcre shared extension for php

USB Keyboardを使えるようにする

# kbdcontrol -k /dev/kbd1 < /dev/ttyv0 > /dev/null

Xでアンダーバーが効かない

  • xorgな環境
  • xevで拾ってみるとkeycode228はなにも対応されていない

.Xmodmapに

keycode 228 = backslash underscore

.xinitrcの適当な所に

xmodmap $HOME/.Xmodmap

Debian

Vinum

Vinumは仮想ディスクを作り出す。

はじめにVolumeというオブジェクトがある。 Volumeは容量制限のない何らかのディスク領域。

Volumeの中にPlexがある。 Plex1つでVolumeのすべての可能なアドレスをカバーしている。 2つ以上のPlexがある場合,ひとつひとつがVolume全体のアドレス空間を張る。 Plexはつまり冗長である。

BSDパーティションをPlexの構成単位にしてもいいが, パーティションの数には限りがある。 だからVinumはひとつのBSDパーテシション(drive)を 複数のディスク(subdisks)に分けることができる。

SubdisksはVinum drive = BSDパーテション上にいくつでも作ることができる。

Plexは任意の数の,任意のVinum Driveに散らばっているSubdisksを含むことができる。 つまり,plexは,そしてvlumeはdriveの物理的な容量に制約されないのだ。

まずこんなファイルを作る

# cat backuphome
 drive ad2s1c device /dev/ad2s1c
 drive ad3s1c device /dev/ad3s1c
 volume backuphome
 plex org concat
 sd length 77879478k drive ad2s1c
 sd length 77879478k drive ad3s1c

意味を説明しよう。

drive ad2s1c device /dev/ad2s1c

この行によってデヴァイス /dev/ad2s1cをad2s1cという名前のVinum driveにする。 次の行も同様。

volume backuphome

この行でbackuphomeという名前のボリュームを作る。 以下backuphomeボリュームの内容を書く。

plex org concat

上で説明したように,volumeはplexからなる。 ここでは単一のplexを用いているから冗長度はない。

org concat

というのは,単純連結の意味。 sd length 77879478k drive ad2s1c 上で書いたように,plexはsubdiskからなる。 ここではdrive ad2s1cに長さ77879478kBのsubdiskをつくって, それをplexに追加している。 次の行も同様。 なお,このときの長さは,一度/dev/ad2s1cをnewfsしてmountしてdfで調べた:P

さて,このコンフィグレーションファイルを使ってボリュームを作る。

# vinum
> create -f backuphome
> quit

以上。

これで/dev/vinum/backuphomeというでかい領域ができた。 後は通常のディスクのようにnewfsする。

# newfs /dev/vinum/backuphome

で,fstabにでも書いてケロ。

注意。vinumドライバが起動時に実行されるように,

echo 'start_vinum="YES"' >> /etc/rc.conf

しておくこと。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2014-07-29 (Tue) 20:44:02 (1482d)